« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

ぽかぽかと暖かかった一昨日、夫は自転車で散歩に行きました。
あちこちの地震の被害状況を確認したかったようです。
出かけてすぐ大きい余震があったのですが気付かず走ってたらしい(笑)
ちゃんとワンコの散歩の時間までには帰って来て、
夫の手にはレジ袋が…

フキノトウでした。

地震の後、慌ただしい毎日で、
もう旬の時期が過ぎてしまっていました。
放射性物質のことがちらりと頭をよぎりましたが、
毒をくらわば皿まで…
ちょっと違うか(^_^;)

大丈夫と言われている
水道水でよく洗い、
よく水を切って天ぷらに。

Photo

春の香りがほのかに口に広がり
ひととき 去年と同じ時間を過ごしました。

来年の今頃は
季節の変わり目を自然に感じられるように
なっているといいなあ、と思いました。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

余震

ゆうべは10分おきくらいに襲ってくる余震に
とうとう3時過ぎまで眠れませんでした。

その代わり
今日は日曜日なので9時まで寝ていました。

久しぶりに地震が少ない日でした。

友人が
「もし、気にしないならうちの野菜たべる?」と
家庭菜園の野菜をたくさんくれました。
さっそくよく洗って晩御飯にいただきました。

いま、全国的に
茨城産の野菜はどんなものでも
茨城産というだけで返品だそうです。
福島、栃木なども同じようです。

スーパーでは規定値以下のホウレンソウをただで配っていたとのこと、
水戸市のライトハウスと言うライブハウスでも
ホウレンソウ農家が5歳のせがれとホウレンソウを配っていたそうです。

規定値を超えてしまったと言ってもわずかで
一度に420キログラムを食べればどーかな?な数値だそうで
誰が一度に420キロのホウレンソウを食うんじゃいimpact
とはいえ、いろんなものを食べれば重複するから用心に越したことはありませんが

風評被害に苦しむ生産者は
地震の被害と二重の苦しみです。

だんだんと余震も少なくなり
その頃には
風評も風に飛ばされているといいなあ。

少しずつ頑張って
自分なりの復興が出来たら
いつになるかわからないけど
また、娘とハワイに行くんだ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小包

今日も地震で目覚めた照見です。元気です。
毎日何回も余震が来て、大地震の後はこんなに余震に怯えなくてはならないのか、とあらためて天災の恐ろしさを感じています。

震災前にハワイの友人宛、小包を送りました。
少しでも安くと思って小型包装物で送ったので少し時間がかかります。

地震ですっかり送った事を忘れていましたが
先ほど、ハワイから電話があって

届いたよー、何か抜かれちゃったみたい、と。
何を入れたか覚えてない物があるのですが、どうやらそれが抜かれたらしい。

地震の後、何回も電話を貰ってたのに、小包の事を言うのを忘れてた(^_^;)

ガソリンを入れるのに8時間も並ぶんだよ、と言ったらビックリしてました。

「原発がひどくなったらこっちにおいで。早めに来たらええよ」
いやーうちのワンコ暴れん坊だから飛行機に乗れないし〜(^^)
と、言いつつもすごく嬉しかった。

ハワイの友人が
「被災地から小包送って貰って〜(^_^;)」
と言うので2人で大笑いしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2週間

地震の日から今日でちょうど二週間。
大きな余震で目が覚める毎日です。

たくさんのご心配コメントをいただき、ありがとうございます。
お返事ができなくてごめんなさい。
元気にしています。
きのうはいつもは行かないワンコの散歩に付き合いました。あの時あんなに歩けたのに、五分と歩けませんでした。やっぱ、あの時は神様が助けてくれたんだなあ。

自宅には戻りましたがまだパソコンに電源をいれてません。iPhoneからの投稿です〜

片付けをしなくちゃ、と手をつけると、余震が来るので
片付けた後に大きな余震が来てせっかく片付けたのがまた崩れてたらやだな〜と散らかったものをまとめるだけ…
改めて家の周りを見ると犬走りに陥没や亀裂が三ヶ所も発見。
ひぇーこれからいくらかかるんだろう、と一瞬思いましたが、家族みんなが怪我もせず無事だったのでそれが一番だな、と。

最近は福島原発の放射線関連で、被害ではほとんど報道されなかった茨城も有名になりました。
枝野官房長官はちゃんと茨城を、いばらき、と発音してくれます。
農作物の放射線の測定も
収穫したばかりの物だったり、
お店に並んでる物を測定したりと一律ではないそうです。
カウンターで測ると規定値以下だったりするので、そういうほうれん草をタダで配ってる農家があるとネットで見ました。
たくさんの方が持って行ってくださるそうです。
今、報道されてる値も、一度に420kg食べると影響が出るかも、らしいです。


それより、
まだ行方のわからない方々が一刻も早く家族の元にもどられる事を心からいのります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ただいま!

ご心配をかけました。
ワタシは元気にしています。
お返事ができなくてごめんなさい。


常磐線はまだまだ、復旧しませんが、高速バスが再開しました。
車酔いするワタシはバスは苦手ですが藁をもつかむ思いで、バス会社に電話をしましたが全く通じません。

ネットで見ると、どうもかなり先まで満席らしい。
でも、うちから離れたところに行くバスの途中停留所なら空席があったので予約しました。

娘に送られて新宿のバス乗り場へ。
福島から到着したバスからたくさんの荷物を持った人がおりて来ました。

定刻通り発車したバスの中でなんだか胸がジーンとしてきました。
北上するに連れ屋根にブルーシートを張っている家が目につきます。
うちもあの状態なんだなあ。しかも、家の中はまだ手付かずのままと夫が電話で言ってた…

迎えに来てくれた友人に送って貰い自宅に向かう途中のお店は軒並みガラスは粉々だったり、大谷石の塀が全部崩れていたり、屋根が崩れ落ちていたり…
茨城のこの惨状はほとんどテレビでは放送されていません。

やっと家に着くと、ワンコが大騒ぎで迎えてくれました。ひさしぶり〜。よかったね〜無事で。

家に入るとすごいです。
キッチンは全く床が見えません。置いてある物はみんなぶっ飛んています。向こうにあった物も、こっちにあった物もごっちゃごちゃです。きゃー、どうしよ…

買ったばかりのハチミツの大瓶は思い切り中身をふりまいて落下したようで、夫は一応拭いて、その上に新聞紙を乗せて通路を確保した模様。まだ断水中なので掃除ができないのです。
そんな中で、よくここまでやったなあ〜、とーちゃん、偉いぞ。

長男や友人から今日はゆっくりして、とメールを貰いましたが、どうしてもここだけは掃除をせねば。
普段なら捨ててしまう、食器を洗った水で新聞紙を濡らし、こぼれたハチミツの外側から拭いていきます。
何回か繰り返し、お湯でしぼった雑巾で仕上げ拭きをします。
よし、完了。やっと床が見えて来ました。

夫はまだベタベタするとか言ってましたが、それは自分のスリッパの底がベタベタしてたのでした。

私のパソコンはまだ通電してません。激しい揺れで変なかっこうをしてたので、後でゆっくり立ち上げることにします。
なのでしばらくはiPhoneからの投稿になるかと思います。
コメントのお返事もなかなかできないかと思います。
ごめんなさい。

では、今日の片付けはここまで。
おやすみなさい。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

地震その後


電力供給量不足のため、計画停電がとうとう実施されました。
五つのグループに分け、今停電してるグループに被災地の茨城県がはいってます。
まだ、電気が復旧して一日もたっていないところもあるのに。


常磐線が復旧してないのでまだ自宅に戻れません。
最寄りJR駅が損壊している写真をTwitterで見ました。

でも、バイクのともだちが偶然ふた組も来てくれて壊れた屋根の応急処置をしてくれました。
水を届けてくれた人もいました。
ちょっと疎遠だった妹も私がいない事を知って様子を見に来てくれたそうです。
夫の声も前より明るくなっていました。

被災地は何もかもない、足りない物ばかりです。
足りてる物は助け合う心だけです。
とテレビの現地キャスターが言っていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

地震

昨日久しぶりに東京の娘のところにきました。
仕事中の娘に
吉祥寺行ってくるねーと、
でかけ、吉祥寺で降りるのを忘れ三鷹で降りたとたん
ゆらゆらと揺れ始め、それはいつまでも続き、どんどん激しくなります。
だれもが信じられない顔で、恐怖と戦っています。
ほとんど全員の頭の中で
先月のニュージーランドの地震が甦っていたと思います。

三階にいた私は外にでなくちゃ、
と階段をおりまだ揺れ続ける駅から南口へでました。
何があっても娘のところへ帰らなくてはと、
近くの人に阿佐ヶ谷行きのバスを聞くと
乗り換えをしなくてはならないとのことで北口へ向かいました。
まず、パンと水を買いコミュニティバスを30分くらい待ち
吉祥寺の駅まで行きました。みんな隣り合った人と話しています。
きっと、無言でいるのは辛いんだと思います。

吉祥寺の駅前はタクシーもバスも公衆電話も長い長い行列が出来ていました。
わたしは歩けないし、地理も分からないので、タクシーの列に。
ところがタクシーはなかなかきません。
おそらく客を降ろすとそこからまたどこかに行ってしまうようです。

まっているうち後ろの方から
阿佐ケ谷方面の方いますかー?と声がするので何かと思うと
宮城からきた受験生が阿佐ケ谷のホテルまで行くというので一緒のタクシーに乗ることにしました。
その時すでに私の前にいた女性と一緒に乗って行く事にしてたので、仲間が増えて心強い限りです。
宮城の自宅と連絡がつかない、という彼女はしっかりしていて私たちより落ち着いていました。
時々入る情報は茨城も相当な被害が出ていて、
しかも、茨城県沖でも大きな地震が発生しているとか。
いてもたってもいられない気持ちを抑え、普通を装います。

携帯はまったく繋がりません。メールもほとんど出来ません。
しかもバッテリーの残量はどんどん減って行きます。

とうとう、1時間に一台のタクシーも来なくなりました。

私たち三人は阿佐ケ谷まで歩く事にしました。
わたしは、脊柱管狭窄症があって、時々休まないといけないけどよろしく、と伝え、
中央線から離れないように歩き始めました。
すると、そっち方面に歩く人の群れと向うから来る群れとがいっぱい歩いています。
やっと西荻窪の駅が見え、少し、線路から離れた道になると向こうから来る人に聞いたりして歩いているとやっと荻窪までたどり着き、ここからは青梅街道を歩く事になります。
青梅街道は防災用のヘルメットを被った人もいて、改めてこわくなりました。
おそらく新宿あたりから歩いてきた人もいるようです。

ほんとにこれは現実なのかと信じられない思いでいると一緒に歩いていた女性が家の近くなので、と、別れることに。
三人は握手を交わし、ありがとうと言って別れました。
私と受験生の彼女はあと少し歩きます。
もう、見覚えのある町並みなので安心です。
新宿方面からの人の群れはまだまだ続いています。
誰もが家族の待つ家に向かっています…

娘の家を通り越し彼女の泊まるホテルまで送り、
フロントの人に、きっと心細いだろうから優しく接してあげて下さいとお願いして娘の家に向かいました。

たった10時間くらいの間に何もかも変わってしまい、
たどり着いた娘のアパートで
娘と私は抱き合って再会を喜びました。

娘が、長男と夫になんとか連絡をしていてくれて、家族全員が怪我もなく無事でした。
わたしの自宅は
家根が壊れ、水道と電気が止まっているとのこと。
家の中はとても歩ける状態ではないそうです。

夫はガスも使わず買い置きのパンとハワイウオーターで晩御飯を済ませたとのこと。

早く自宅に戻りたいんですが常磐線がまだ動いてないようです。

宮城方面は現実とは思えない惨状をテレビでみました。

もう、これ以上なにも起こらないことを祈ります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ヤキソバ・・・

よく晴れたおとといの日曜日。
この時期のいいお天気の日は花粉症がひどいので
とても外に出る気はしませんcrying
しばらくの間洗濯物はワタシのものは室内干しです。

そんな時
「お風呂でも行かない?」とのお誘いにすぐさま乗り
一路宇都宮へ・・・
なぜ、宇都宮かと言うと
友人が宇都宮市内にある温泉施設の回数券を持っていて
利用期限が間近とのこと。

せっかく餃子シティまで来ながら回転寿司を食べ
ぶらぶら歩いていると
やきそばと染め抜かれた
丁寧につぎはぎされたノレンの小さなお店を発見。
すみませ~ん、焼きそばの中を持ち帰りで・・・と注文してしまいました。

201103065

出来上がると
経木を十字に置いたところにやきそばを乗せて
(本物の経木ですよ、木を薄く削った!!)
緑の包装紙でくるりと包み、お箸を1膳はさんで渡してくれました。

201103062

そろりと水平に持つとお店のおばちゃんが
「普通にぶら下げても大丈夫ですよ~~」と。

おなかいっぱいだし、後で食べようと思ったんですが
近くの広場のベンチで包みを広げもぐもぐとdelicious
友人が買ったミニたい焼きも・・・
20110306

帰りの車でおやつにしようかと思ってた・・・らしい(笑)

その温泉施設は
天然温泉の露天風呂もあり女性はさまざまな岩盤浴も無料サービスというsign03
さらにrestaurantレストランや休憩スペースも充実していて
一日ゆっくり出来ます。

ただ、
ワタシはあんまり温泉がそれほど好きではなく
他の人がのんびり浸かってるところを
薬草湯、美白の湯、ヨモギ湯、炭酸湯、寝湯、露天のヒノキ湯、などなど
出たり入ったり出たり入ったりcoldsweats01
せわしくみえるだろうなあ~~(=´Д`=)ゞ 

休憩スペースも男女共用、男性専用、女性専用とあり
気遣いせずにゆっくり出来ます。
ちょうど飛行機のビジネスクラスのシートのように
ほぼフラットになるリクライニングのいすにそれぞれ小さなテレビがついて
毛布もタオルケットも用意してあります。

かなりの快適さに味をしめ・・・・

友人の回数券がまだ残っていると小耳に挟んだので
うふふ~note
とか、こっそり思っています┐(´д`)┌

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いちご

近くにちょっと趣きの変わったお店があります。

去年のいつごろかに出来、
ちゃんとした建物じゃないので
ちょっと敬遠してたので・・・・
年末のある日、友人と行ってみたら地元産の野菜とか
おいしい卵、お米などが案外安く買えて

野菜高の今便利に使わせていただいています・・・

なんでも
孫たちにちゃんとした野菜を食べさせたくてはじめた、とか。

行くたびおしゃべりしてきます。

きのうはねぎを買いに行ったのに
他に、冷凍のカレイ、カリフラワー、ホウレンソウ、ごぼう、
りんご、イチゴなどを買い込んで来ました。

そのイチゴ、初めて見る種類で

 Imgp5044_2

アスカルビーといいます。
こんなに粒が大きくて、香りも良くて
1パック驚きの190円sign03

これ、何でこんなに安いの?と聞くと

「びっくりでしょ?いいにおいでしょ?」
「今年の天候不順で粒のところどころ白いでしょ?
それでB級品なのよ~。白くても痛んでるんじゃなくてちゃんとおいしいのよ」とのこと。
言われて見れば

Imgp5043


は~~たしかにconfident
でも、家で食べるなら充分です。
お財布にもやさしいし、かなり。
だって2つ買っても普通の一個分より安いhappy01
なので2パック購入。

家に帰るなり
興奮した口調で夫に報告し
さっそく1パックをぺろりと食べてしまいました。
箱で買ってもよかったかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一日快晴の天気予報を裏切る
突然の大雨の午後、
久しぶりに会った友人とファミレスでお昼を食べた後も
名残惜しく駐車場で立ち話をしていると

なんか、視界の端っこに
なつかしい幸せなものが見えます。

なんだろう・・・と目を凝らせば
まだ雨雲がたれこめる空に

20110302


  虹!!

見つけた時はきれいなアーチ全部が見えてて
見とれていてカメラを構えるのが遅れてしまいました。
どんどん薄れていく虹をやっと捕まえました。
写真、右の方白い建物の上あたりです。
見えるかなあ~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »