« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

予防注射

今年もわんこの一大事
狂犬病の予防注射の季節がやってきました。
しつけの出来ていないうちのわんこは市で指定したところに行くと
大変なことになるので
いつもかかりつけの病院に行きます。

まず普通をよそおい、夫とわんこが散歩に出かけます。
その後、ワタシがころあいを見計らって病院に行き
受付を済ませておきます。

そーっとわんこがどこら辺まできたのかと様子を見に外に出ると
ワタシの姿を確認したとたん
 「そーだ!!これは去年もおととしもこーだった・・・・
  注射にちがいない」
と、クロの脳裏にあの部屋とにこにこしてる看護婦さんや先生がよみがえり

いくら足を突っ張って診察室を拒否しても
モップのようにずるずると連れられていきます。

「くろちゃん、食欲はどうですか?元気はありますか?」の先生の問いにも
ぶるぶる震えて
もちろんクロは答えないので
ワタシが食欲もりもり元気いっぱいですと答えます。

か、か~~ちゃ~んsad
20110426imgp5159

先生も慣れたもので一瞬で注射は終わります。

やっぱり病院で注射をするワンちゃんが先に来てましたが
どーやらそのワンちゃんあまりに怯えたかなんかで
ちょっともらしちゃったみたい・・・・クサいほうsweat01

一目散に病院を出たクロはとーちゃんを思い切り引っ張って
家路を急いでます、ほんとに毎年毎年ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ


クロととーちゃんの大仕事を終えて
夜ゴハンはとーちゃんが実家の前の山で採ってきた
大量のコゴミをアンチョビとパスタにしてみました。
20110426imgp5163

これも裏山で採ったたけのこをツナトマトでサラダにしました。
20110426imgp5162

イタリアンの山菜も意外とおいしい。

クロは味なしのスパゲティを大喜びで食べました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハワイの風

15日の朝、メールをチェックしてるとアヒ・ポキさんからのメールが!
この大震災はハワイの観光にも大打撃を及ぼし
日本人観光客が大幅減少してしまった。

なのでバケーションを取って里帰り中との事。

おおお~アヒ・ポキさんいま日本なのかあ~。
近ければお会いできるのになあ・・・・

あら?ハワイの風をお送りしましたと書いてある。
うわ~~うれしいなあ。
去年はひとりで行ってアヒ・ポキさんはじめ皆さんにずいぶんお世話になったっけ。
でも娘と行く親子ハワイが出来なくて
今年はこんなだし・・・・
さっそくお返事を書いて返信ポチ。

するとまもなくうちのチャイムがなったので出ると
いつものクロネコのお兄さんがいつものようににこやかに立っていた。
手には見覚えのあるHAWAIIAN HOSTの箱。
20110415imgp5136

うわ~もう着いたんだ。
早速開けます。
頂いたらすぐ開ける派。
20110415imgp5133

ひょ~~、チョコレートだ!ゴディバnoteだ。
コーヒーだっnotes
ポップコーンも。
あれ?ワタシポップコーン好きなの言ったっけ?
ヒルトンのハンドタオルやエコバッグなどなど・・・
娘と協議の結果エコバッグは娘のところへ行くことに。

うちいつもアンバサダーなんだけど、
いかにもヒルトン常宿です・・な顔で
東京で使うらしいcoldsweats01bleah

アヒ・ポキさんありがとう。
余震も忘れてハワイに浸ることが出来ましたheart04
すぐに電話をかけてお礼を・・・・
やっぱり、茨城はすぐに届かないかもと言われたそうです。
クロネコさんの復旧はすごいな~。

またハワイで
いつまでたってもハワイビギナーの今度は親子をよろしくです。

ハワイの風を全身で味わっていたら
いつの間にかパソコンで
格安ハワイツアーを検索し始めました・・・・・(*´ェ`*)
今すぐだとすごく安いツアーを発見sign03
でも今行くと夫が泣くだろうな(´・ω・`)

ハワイカイの友人から
「茨城も余震スゴいってテレビで言うてるで~~
大丈夫か?
で、いつ来れるん?」
とついさっきも電話がかかってきたしね。

大震災後 娘と約束した
「ハワイは無理をしてでも行ける時に行こう」
を、当面の目標として頑張ります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

プレストンカフェ

今日も余震ぶるぶるです。
常磐線やらまた停まっちゃったようです。

昨日夕方の地震で緊急避難のため
お金を払わずに出てきてしまったカフェに

今日お支払いに行きました。

昨日の地震の時・・・とお店の人に言ったら
覚えててくれたみたいで

「お金を払いに来ました」と言ったら

『あれは災害なのでいいですよ~~、
頂かないようにと店長の指示で、もうレジ閉めも終わってるので』

とにこにこ応対してくれました。

最近のお気に入りのお店でたびたび来てるので
なんか申し訳ない気持ちです。

また近々来ますね、と言ったら

『お待ちしてます』と。

ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11日

あの地震からちょうど1ヶ月たっていくらか落ち着いてきた今日、
友達から
「4時で仕事が終わるからお茶しようよ~」とメールが来て
海に近いホームセンターの2階にあるカフェに向かいました。

先に着いたワタシは
隣の雑貨屋さんで
ちょっとおしゃれなろうそくを見ていると友だちが来て
「こないだの地震の時、非常用ろうそくがあるのに
とーちゃんには見つからなくて仏壇のハスの花の形をしたろうそくを使っていたんだって~」
などと話しながらカフェに行きました。

そこは3時をすぎるとタイムサービスで日替わりのケーキにドリンクがついて
380円です。

お茶を飲みながら一月前の地震を思い出し
窓から火力発電所の煙突を遠く見て

あの地震であそこでも4人亡くなったんだよね~

と話していた その時

ぐらぐらぐら・・・・・

すぐおさまるかと思ったけど、どんどん強くなるので
椅子から腰をあげると
お店の人が
「早く外へ出てください」と手を引っ張るように連れ出されます。

あ、お金払わなくちゃ・・・というと

「緊急事態なのでいいです、はやく早くっ!!」

他のテナントの人も「何か落ちてきたらたいへんだから早く外へ!」と
叫んでいます。

やべ~~まただ~~と
屋上駐車場で少しおさまるのを待ちますが
一月前より怖い!

近くでは5歳くらいの女の子がお母さんにしがみついて
『こわいよ~怖いよ~~』と泣いています。
おかあさんは大丈夫大丈夫と言ってますが
怖いのはお母さんも同じなので小さい子はそれを敏感に感じているのか
なかなか泣き止みません。

ワタシも女の子の背中をなでながら
「もう大丈夫だよ、もうおさまってきたから大丈夫だよ」と
声をかけました。

お母さんが笑うと女の子はやっと泣き止みました。

カフェのお姉さんたちもそこにいたので
あとでお金を払いに来るからねと言って
友だちとそれぞれ車に乗って帰りましたがすごい渋滞でなかなか進みません。

市の緊急放送スピーカーからサイレンが響き
「津波警報が発令されました。
海岸地区の人はすぐに高台へ避難してください。
海に近づかないでください。
避難警報が解除されるまで戻らないで下さい」
と繰り返しています。
パトカーと消防車が海の方へ向かっているし・・・

無事に帰宅し、娘とも連絡が取れ
長男も無事と聞いて一安心しましたが

それから5分おき10分おきにiphoneアプリの地震予報のアラームが鳴っています。
11時過ぎまで
揺れっぱなしな感じでした。
アラームも間に合わないような揺れっぷりで
もう開き直って
震度3では二人ともびくともせず
夫と震度の当てっこをやっていました。

今日の余震は
ほとんどが福島浜通り、福島沖が震源地でした。

どうかどうか
あの辺をもう揺らさないで下さい。
神様お願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かおりちゃん

3月11日の
あの地震の日。

吉祥寺駅前でタクシーを待っている時
阿佐ヶ谷まで乗り合わせていくことになった
かおりちゃんという
宮城県から来た高校3年の女の子。

翌日12日の受験のため宮城県からきて吉祥寺の試験会場へ下見に行き
地震にあったと話していた。
そして家と連絡が取れないと。
お金もあんまり持ってきてないとも言っていた。

吉祥寺のホテルは満室なので
阿佐ヶ谷のホテルを取ったと言ってた。

4時間待ってもタクシーは来なくて
結局同じ方面に行く女性と3人で阿佐ヶ谷に向かって歩き始めた。

ほんとにワタシは奇跡的に一回も休むことなく阿佐ヶ谷まで歩きとおして
かおりちゃんをホテルに送り
娘のアパートに帰ったのだけど

かおりちゃんの事が心配で心配でたまりません。
ちゃんと帰れたかな?
家族はみんな無事でいたかな?

翌朝、そのホテルを訪ねると
「もうチェックアウトされました」とのこと。
電話番号は個人情報なので教えることは出来ないんですよ~、と。

受験した学校は後で調べたら
開始時間は変更されたけど試験は予定通り行われたそうです。
あれだけの震災なのだから
まさかそのまま帰したりしないだろうと、自分を納得させています。

タクシーを待っている時
仙台の話を他の人と話していたので
仙台かその近くから来たのかとは思うけど
そのあたりはテレビで見る限り大変そうです。
なんで別れるときに電話番号を聞かなかったんだろうと
後悔しています。

今度、東京へ行ったら
そのホテルを訪ねて
ホテルから連絡してもらえるかどうか頼んでみようと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最大余震が!!

7日の23時32分
また、ゆらゆらと揺れ始めだんだん大きくなってくる地震が起きました。
最近余震頻発なので
ああまたかと思ったけど
ちょ、ちょっと大きいよ、これ!!

なんたってワタシは入浴中だったのです。
各家庭に設置されている非常用のスピーカーと外のスピーカーからは
津波警報は何回も放送されるし。
激しい揺れに逆らいつつお風呂から飛び出し
体を拭いて服を着て・・・
それでもまだ揺れています。

戸棚から何か飛び出すし・・・

ようやくおさまって洗面所から出ると夫の姿がない!!

夫はわんこが心配で外に出て行ってました。

おい!ワタシは?!
てか、ワタシは自力で何とかできるしね~。

こないだ土嚢を乗せた屋根も懐中電灯で確認したようで
瓦も大丈夫だ、と。

高いところが苦手な夫が屋根に登って直したんだもの
気になるだろうなあ。

東北地方ではまた災害が発生し
広範囲で停電が起きてるそうです。
テレビの映像では大きな閃光が見えて怖かった・・・

心配してくださった
Sさんからのメールに

神様がいるならそろそろ許してほしい・・・とありましたが
ほんとにそうです。
福島、宮城、岩手、関東などではたいへんな思いをしている人が
たくさんいます。

神様どうかもう揺らさないでください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ともだち

アメリカが日本に「トモダチ作戦」を繰り広げてくれています。

今日またバイクに乗っていた時の友人から電話がありました。
仕事の帰りに野菜を持ってきてくれると言う・・・
野菜と一緒に奥様の故郷フィリピンのおみやげも一緒でした。

20110411imgp5128

ラーメンやお醤油、酢、ケチャップ、シーズニング・・・それと小魚を干したようなもの。
このお魚の両面を焼いて酢を付けて食べるのだそうです。
フィリピンの一般的な朝ごはんのおかずで
これがあるとゴハンが何杯でも食べられちゃう・・・そうですdelicious

屋根のブルーシートが目にとまったらしく
うちに来て顔を合わせたとたん
「屋根、やられちゃったね~~。他にもやられた?」
と聞かれたので
 
ブロック塀の上のとこと庭が沈んだか何かで犬走りが割れたよ~と言うと
すぐ見てくれて
「半年くらいはちょー忙しいけど、その後直してあげるよ」とsign03

え?屋根も出来るの?

「出来るよ~。
いま一緒に仕事してる人は大工さんだから
大工仕事も出来るよ」との事。

クロが庭中ほじくり返してボコボコにしちゃって
去年土を入れてくれた友人なので、庭と塀は後々お願いしようと思っていたので
屋根まで直してもらえるなら、こんなうれしい事はないぞよhappy01

そういえば
どこかの人が地震後すぐに瓦屋さんを手配して
早々修理を終えたら
ものの見事に余震でまた崩れちゃった、しかも支払いはしなければならないと
今日聞いたばかりだったので
その話をしたら

「大きい地震の後は大きい余震が必ずあるから
修理はあんまり急がない方がいいよ」
と言っていました。

良かった、もう何も心配はない!!
あ、ひとつだけある。

心配はないけどお金もないっcoldsweats01
うちぐらいの損壊だと
どこからも何もないらしい。

みんな元気で無事にいられて
いいお友達がたくさんいることがわかって
それだけで充分だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

救援物資

1日の午前中、玄関のチャイムが鳴りました。
出てみると
クロネコのお兄さんです。

ワタシ宛に岡山の友人からでした。
開けてみると

20110401imgp5120

カップラーメンやらインスタントのお味噌汁などいろいろ入っています。
うちの方被災地なので送ってくれたようです。
ありがとう。

さっそくお礼の電話をすると
「何日かかるか、わからん言うて乾きもんばっかりじゃが~。
昨日送ったんじゃけど、はよう着いたなあ。
これなら何でも送れるな~」
「こんなに早く届くなら私がはいっときゃよかった~~happy01

この友人もハワイで知り合った人です。
初めてのハワイでB&Bに泊まった時に泊まっていた人で
ワタシたちより早く帰国したんですが
カリフォルニア米が安くておいしい、と7キロくらいのお米をかばんに押し込んで
日本に持って帰ったりして・・・
あとでっかいふわふわの枕とかも(o^-^o)

2006年にハワイの友人のヘルプに行ったとき
ワタシの前に岡山からヘルプに行っていた友人です。

地震の後電話をくれて大丈夫と言ったにもかかわらず
ずいぶん心配だったみたいです。

被害にあった地域は割りと買占めも少なくて
流通が再開すれば最低限生活に必要なものは手に入るのですが
うれしかった。
買占めは地震後10日ほど帰れずにいた
東京のほうが凄かったです。


あんた、生きとるうちにやりたいことせにゃいかんな~
生きとるうちにまたハワイで会おうな~~

と電話を切りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土嚢

先日、屋根に上がってくれた友人のひとりが来てくれて
屋根の補修をしてくれました。

土嚢袋は買っておいたので
急いで近くのホームセンターに行き、
砂5袋(100キロ!!)と
とーちゃんが前から買おうと思っていたという脚立をこの際だからと購入。
土嚢を12袋作りました。

よその土嚢が乗っている屋根を参考にこれくらいあればいいかなと思ったら
友人があと6個あるといいなというので
さらに砂をワタシが買いに行って
見事に計算間違いをしてしまったので2個は瓦礫を詰めて作ったら
でこぼこして
まるでサンタさんのプレゼントが入った袋のようになってしまいました。
これでちゃんとした被災家屋になりました。

どーせ、すぐには瓦屋さんも来れそうにないので
時期になったらサンタさんの人形も屋根に載せてみようかと思います。

出来上がりの写真を撮り忘れたので
あとで撮って追加しようかな。

 追記:土嚢を乗せ終わった屋根。
 右から3番目が瓦礫の入った土嚢。
 20110402imgp5126

 他の家の土嚢を乗せた屋根を見てきましたが
 いろいろでした。
 肥料や飼料の入ってた袋が乗ってたり
 せっかく張ったブルーシートが風ではためいていたり。

うちは
たぶん、台風が来ても大丈夫な感じです。

今、この記事を書いてるときにも余震があり
びくともせずに書いてたら
テレビの地震速報で
福島県浜通り、M4と。

神様。頼むからあの辺ゆらさんでくれ~~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

屋根

地震で棟のところが壊れたうちの屋根。
ワタシが東京から帰れずにいる間に友人がブルーシートで応急処置をしてくれたのですが
こういうときに限って
強風が容赦なく吹きつけ
南側がばたばたし始めました。

夫は高いところが苦手なのでやってはくれないだろうと思いつつも
いざとなったらワタシが屋根に上がろうかと
とりあえず土嚢袋を買ってきました。

ところが
今朝夫は何かを始める様子・・・
さすがに屋根を直さなくては、と思った・・・かと思った。

甘かった・・・・

わんこの日よけ対策にワタシがつくったテーブル(のようなもの)の天板が
雨で腐ってしまい雨が漏るので
板を買ってきて打ち付けていました・・・・

そうだったのか(´;ω;`)ウウ・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »